“総合知の先端大学院“を謳う京都大学大学院 総合生存学館「思修館」は、京都大学の最も新しい大学院。グローバル問題やユニバーサル問題について実践的な研究に取り組んでいらっしゃいます。

教授・学生3名の方が、京都大学が管理する上賀茂試験地でベーシック&アドバンスコースを受講なさいました。ヒノキやアカマツ他様々な樹木に囲まれた緑豊かな広場において座学および目視外・夜間飛行訓練を含む実技講習を行いました。

研究記録と広報両面において空撮映像を活用することが受講目的ということで、特に機体の性能やカメラの仕様について熱心に質問なさっていました。


※新型コロナウイルス感染症対策を実施した上で、講習会を開催しております。

Categories:

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA